有線LANについての基礎知識

ネットが有線、無線である必要性?回線工事は自分でもできる?

検索専門か画像をたまに見る程度のあなた

インターネットといっても気になった事を検索したり、画像を見てみる程度で、動画を見ることはほとんどないといった方は有線LANは不要でしょう。
おそらく、こういったタイプの方は、携帯でササっと検索する程度で、インターネット依存症でもないのでは。
LineやSNSくらいはチェックするけれど、スマートフォンがあればだいたいのことが事足りるあなたは、無線Wi-Fiで十分です。
また、お仕事でも、莫大な量のデータをインターネットで保存したりすることもないのでは?
今後、携帯のプランや、プロバイダー契約で毎月使える容量を頻繁にこえてくるようになってきたら、有線LAN接続を考えてもいいでしょうね。
無線Wi-Fiはうっとおしいケーブルが不要ですし、現時点でネットの速さが遅くて困っている、という悩みもなければ、有線LANは不要と考えてよいでしょう。


では有線LANが必要なケースは?

まずは上記にあてはまらない方です。
例えば仕事でオンライン上にあるソフト(会計ソフトなど)を使う方にとっては、Wi-Fiの電波が何らかの理由で突然途切れ、データを失う危険性もなくはありません。
また、オンラインゲームをする方や動画を頻繁にネットでご覧になる方は、有線LANに切り替える方が、ストレスフリーになります。
理由は、まずネットの電波が安定していること。
無線Wi-Fiとは違い、電波が弱い場所はありません。
なんたって、ケーブルで繋がっていますから!
また、インターネットの速さも有線LANの方が早いので、動画が途中でフリーズしてイライラする、なんて事がなくなります。
検索をするにしても、(使っているパソコンの年式や容量にもよりますが、)サクサク調べる事ができるようになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る