有線LAN配線工事の一連の流れ

有線LANについての基礎知識

ネットが有線、無線である必要性?回線工事は自分でもできる?

ここ最近、無線でインターネットを使う方も多いのではないでしょうか。 しかし、一方では有線LANを好む方もいらっしゃいます。 まずは有線LANと無線(Wi-Fi)の違いを知るところから始めましょう。 もしかすると、あなたのインターネットの用途によっては、有線LANの方がストレスフリーになれるかもしれません。

なぜ有線LANなのか

インターネットが普及して、私たちの生活はとても便利になりました。
しかし、その進化の速さに、ついていけず、もしくは、ついていくことさえ諦めた方も少なくないのが現状でもあります。
特に、インターネットの存在しない生活が大半であった高齢者にとっては、突然の普及に何から始めるべきなのか、具体的に生活がどう便利になったのか理解に苦しむケースもあるようです。
 
インターネットができた当初、インターネットはパソコンが無いと使えないものでした。
パソコンにケーブルを繋げない限り使う事はできませんでしたし、スマートフォンも存在しませんでしたから、もちろん携帯電話は「話しができる」機械以外の何でもありませんでした。
当時はパソコンで検索をしても1ページ開くのに数秒、数分、待つ事は当たり前でしたが、パソコンや携帯電話の軽量化も進み、インターネットは急激に普及。
インターネットのスピードもどんどん速さを増し、今となってはケーブルは不要(Wi-Fi)、クリックした瞬間に次のページが表示される、動画が流れ出す、なんて事は当たり前になりました。
では、ケーブル無しでインターネットが使えるようになった今、なぜ有線LANは未だに存在しているのでしょうか?
おまけにパソコンに詳しそうな方は特に有線LANを好む傾向にあるような気さえします。これって一体なぜなのでしょうか?


このサイトは、どういったインターネットの使い方をしている方が有線LANを利用した方がいいのか、又、その工事は自分でできるものなのか、業者に委託すべきなのかを一般的にまとめてみたものです。

自分で有線LANを設置してみよう

配線に強い方やチャレンジャーはご自身で有線LANを設置してみるのもよいでしょう。 プロに委託するより、学習したり道具を買ったりと時間はかかるかもしれませんが、コストをおさえることができるかもしれませんし、設置が完了した時に得られる達成感は、大きいです!

プロに依頼してみよう

とにかく何がどうなっているのか知りたいとさえ思わない方は、業者に依頼することがベストです。 電話一本又はネットで依頼し、来てもらうだけで使いたい場所で有線LANを使えるようになるのですから、こんな楽な事はありません。 ご自身で設置するよりも費用は掛かってしまうかもしれませんが…。

TOPへ戻る